タダシップが趣味になった男

私には沢山の趣味があります。

いろいろな事に挑戦していたら、いつのまにか増えていったようです。

私の趣味の中には一般人が理解しがたい趣味も含まれているのと思われます。

なぜ、断定できないのかは、自分の多すぎる趣味を、すべて把握できていないということが挙げられるからです。

一般的に、趣味と呼べるものの定義とはなんでしょうか?

現代人の私は、パパッとインターネットのグーグルで検索をかける。

趣味の定義とは、専門としてではなく、楽しみとしての愛好する事柄、だそうです。ということは、何を趣味と呼んでもいいということになります。

だから、私の場合、把握できないくらいに趣味があふれているのだと思います。

映画鑑賞をする、劇団を見に行くというのも趣味になりますし、スポーツはあまり得意じゃないけど、スポーツが趣味というのも、全然ありだと思うのです。

浅い趣味から、深い趣味まで多種多様ですが、今回私が初回する趣味は、みなさんとは少し変わっています。

突然ですが、実を言うとわたしはEDでした。それも、中折れタイプのEDです。

それが判明したのは、すこし前の事なのですが、今では公に話せるくらいです。

判明した当初は、正直言って恥ずかしいの一言でした。誰にもばれないように解決しよう。

これが正直な気持ちでしたが、今では無事に治療することができ、全然笑い話として飲み会などで話をする1つの小道具のようなものになりつつあります。

なった人にしか、その気持ちは分からないと思いますが、当時の私から考えても、今の私を想像することは難しかったと思います。

最初は本当に地獄でした。そもそもEDの名前しか分からず、そもそもなぜなったのか?

どのくらいのリスクがあるのか?などと不透明なことが多すぎて、不安と焦りでいっぱいでした。

しかし、そんな時もインターネットで検索してみる情報が沢山あるではないか。

沢山ありすぎて、本当に必要な情報が見つからないという、逆にの状況が起こることはなく、仕事終わりに小1時間くらい調べ物をし、1週間くらいでは、一般人よりはかなりEDや中折れについて知ることができました。

もちろん、ED治療薬と呼ばれるバイアグラ、レビトラ、シアリスと代表的な3つの治療薬のことも知ることができました。

私はインターネットで購入しましが、思っていたよりも安くて別段購入する事に踏み止まることもなくといったところでした。

ちなみに、私がはじめて購入したのはシアリスです。

購入理由は、持続時間がながく、食事に影響されないからです。だいたいの人と同じ意見だと思います。

私の場合、最初に購入したシアリスが身体に合っていたらしく、副作用が出ることはなく、自然に勃起することもできました。

そこで、シアリスで大丈夫なら、そのシアリスと同じ成分のものなら問題ないので、それからはシアリスのジェネリック薬品をつかっています。

そのジェネリック薬品はタダシップいう品名で、安いならいいなという軽い感じでの、使用をスタートさせました。

タダシップに変えたからといって、別段私の身体に副作用も起こることもなくて、今では愛用している状態ということです。

そして、今まさに私の趣味の1つが、ED治療薬の人体実験です。

人体実験といいましても、自分にいろんなED治療薬を試すというだけのことなのですが、ちょっと雰囲気をもたせて、人体実験と呼ばせてもらいます。

 

タダシップの相性が非常に良かったからか、EDで苦しむ時間も短く済み、ED治療薬を購入する理由も、EDを治すための手助けとしてということから、趣味という理由に変わってしまいました。

治療薬なら安くで済ませないとと考えていたのですが、今ではもっといいのがあるのでは?と考えるようになり、簡単に大金をはたいています。

大金といいましても何千円~何万円という額ではありますが、知らず知らずの内にお金を使っているというのは、もう趣味の一環だと私は思うわけであります。

人体実験が趣味の私ですが、これからももっと沢山の趣味をみつけていきたいと思います。